昔のお葬式

世界のお葬式

世界のお葬式 お葬式はその人の死生観や生き様が如実に表れる重要な儀式です。辞書でお葬式を調べると亡くなった人を弔う儀式や様式という記載がされており、日本でも古くは石器時代から何かしらの弔いの儀式が行われていたとされています。宗教観や国によってもお葬式のあり方は様々です。

キリスト教での死とは、神の元に召されることであり死を祝福として捉えています。その観点から、お葬式の方法は違ってきます。キリスト教はカトリックとプロテスタントに分かれ前者は神父、後者は牧師が式を執り行います。カトリックでの死は忌み嫌うものではなく神の元に召されて安らかになると言われています。カトリックでの式の流れは神父の入場とともに聖歌が流れます。聖職者である神父が聖水と祈りを捧げます。次に開式の辞があり、お葬式のミサが行われます。ミサは神父による聖書の朗読に始まり、参列者全員により神に祈りを捧げます。プロテスタントではオルガン演奏の中、牧師を筆頭に棺、喪主、遺族が入場し参列者が迎え入れます。両派ともに弔電、弔辞は故人への弔いというよりも生前の思い出を語るのが一般的とされています。このようにキリスト教の死生観が大きく作用するお葬式となります。

次にイスラム教の場合、死とは人生の終わりではなく現世の行いに応じた来世があると信じられており、死はアッラーの元へ召されることとされています。イスラム教の信者をムスリムといいますが、ムスリムたちは故人の死を悲しいとは思うものの大声で泣き叫んだりといったような嘆きの行動はしません。お葬式はモスクと呼ばれる礼拝堂に遺体を運び洗体と呼ばれる儀式を行います。これはその名の通り体を清め洗う儀礼ですが、洗う場所、順番が決まっています。葬儀礼拝をジャナーザといいアッラーに対しての忠誠を誓うお葬式となります。そしてイスラム教では土葬が基本です。アッラーによっていずれ死者は蘇るとされており、この教えから火葬はしません。

韓国や朝鮮半島の葬儀は儒教の教えに沿って行われ、通常、3日間かけて葬儀を行います。これをサミルチャンといいます。また故人が安心してあの世に旅立てるように納棺の際に水に浸したお米を口に含ませたり、故人が愛用していた服を持って北側に向かって振る習慣があります。中国でも儒教の教えが色濃く、ドラや爆竹を鳴らしたりお金をばらまいたりするなど、とにかく派手に盛大に故人を送るお葬式が見受けられます。国や宗教などで様変わりするお葬式ですが、日本での葬式も時代の変遷が見受けられます。

最新のお知らせ

  • [2018年07月09日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年07月09日]
    運営者情報を追加しました。