大正のお葬式

日本におけるお葬式が今の形に近づいたのは明治から大正時代にかけてと言われています。ちなみに、葬儀とお葬式は厳密には意味が違います。葬儀は故人に関わりの深かった親族や友人などで死者を弔う儀式のことで、僧侶の読経や火葬がこれに相当します。告別式といって最後のお別れをし、お焼香をするのがこの式であり、お葬式は告別式と葬儀を足したものをいいます。この流れが確立したのが明治から大正時代です。今では当たり前になった黒色の喪服もこの時代に都市部で定着したとされています。それまでは白色の喪服が一般的でした。

また、それまでは、個人でもお葬式は一大儀式でした。大型葬列が見受けられ、交通の支障をきたすこともあった葬儀に異が唱えられ始め、葬列に変わり告別式が一般化され始めました。葬列とは故人の親族や、知人などにより故人を火葬場や墓地に運ぶ大勢の列のことで野辺の送りのことを指します。今の霊柩車に当たるものが使用され始めたのも大正時代とされています。

大正時代は遠隔地での死去、あるいは伝染病が疑われる場合を除いて火葬よりも土葬が中心でした。埋葬地は共有の墓地が大半を占めました。故人の財力を誇示するために大正時代のお葬式は華美な傾向にあったようです。